前へ
次へ

中国語の学習は目と耳と口を使って

大学時代、私はいろいろな言語を学びたかったので、中国語にもチャレンジしたことがあります。ただ、英語よりも耳にすることが私の中では多くない中国語は、実際に学ぼうとするとかなり難しいものでした。文法はそれほど難しくなかったのですが、いかんせんよく分からないのが発声で、これだけで心が折れてしまうのではないかというくらいにわかりにくかったです。そこで周りの人に相談してみたら、テキストだけでなく動画とかを利用するのも良いと教えてもらいました。そこでネットにある動画を見て、さらにその話し方とかを口に出してまねしてみたりしたところ、少しずつですが分かるようになってきました。言語を身につけるのは結構大変だというのは理解していましたが、中国語を学習する場合は、発声に着目することをおすすめします。だから、目だけでなく耳、口などいろいろな部分に刺激を与えながら勉強するほうが良いのではないでしょうか。このスタイルの学習は最初は大変ですが、次第に慣れていくと思います。

Page Top