前へ
次へ

恥ずかしいより先に納得する中国語学習

中国語の学習内容は、各教育施設や指導者によって様々ですが、例えば、入門編として考えてみれば、中国語とはどんな言葉なのか、簡単な挨拶を交えて知ることからはじめましょう。だいたいは「あなたは中国人ですか」「これは何ですか」など、簡単なフレーズからはじめることにより「はじめやすい」ことに繋がります。発音(四声、声調、ピンイン)なども初級編としてマスターしなければなりません。何より学習法としては、語学留学がおすすめです。経済のグローバル化が進み、中国ビジネスも拡大し、活躍の場が大いに広がります。基本文法の習得ができても会話が成り立つとは断言できませんが、会話から学習するのであれば、物書きはできるので上達は意外にも早いようです。頭で日本語に置き換えるような変な文法をインプットしているワケではないので、中国語を純粋に楽しむことができます。耳から聞いて話すだけなので、間違っていることさえ理解できないはずです。しかし、間違いは現地の中国人が教えてくれます。間違いを恥ずかしいと感じやすい日本人は、文法はできるのに喋れないことがよくあります。学習するからには、書ける、読むことができても、会話が成立しないのなら学んだことをしっかり活かすことができません。だからこそ、語学留学がおすすめです。

Page Top